夏の終わりは80分で告げた。

f:id:narita_kyojun:20180903175555j:image

普通に暮らしている人からすればなんて事のない週末。

 

最近寒さもあった中で久々に暖かさがあった。

 

ふと試合前、あぁ、来週からまた皆んなをどうトレーニングしようかなと考えていた。

 

80分後、その考えは白紙になった。

 

監督と選手、そして僕らコーチ陣や保護者。

 

やれることは準備はしたはずだった。

 

でもどんなに準備をしたと思っても、負けるときは負けるんだと。

 

ほぼプランニング通りに事は進んだ。

 

でも負けるんだと。

 

この日もいつも通りの時間は流れた。

 

いつもと何ら変わりはないはず。

 

でも、たったのボール一つでこんなにも色んな人の感情、想いが交わり合う中、最後の笛が鳴った瞬間、ピッチの上は夢幻のように思えた。

 

割と多くこんな体験はしているが、未だに慣れないもの。

 

人生の中のたった80分、どんな想いだったか。

 

常に言い続けていた、いつがターニングポイントの日かは誰にも分からない、あの時もっと頑張っていればと悔いが残らないようにやれと。

 

でも一度でそれが出来る事は難しい。

 

失敗してまたトライする。

 

その繰り返し。

 

また今日から普通の日々を過ごす。

 

いつも通り朝起きて、勉強して、進路に悩んだり。

 

改めて、この感覚を体感出来る場にいれること、指導者として関われていることは自分への影響は大きいのと本当に有難いなと実感するのと同時に、身が引き締まる思いです。

 

今まで所属してきたチームでも身体を崩した自分の不甲斐なさを痛感しながら、本当に選手の皆んなは頑張っていたなと再認識。

 

この80分の経験を次にどう使うか。

 

ひとまず3年生の皆んなお疲れ様でした。

 

そして素晴らしい姿を見させてくれてありがとう!

 

 

言語化の宙ぶらりん。

f:id:narita_kyojun:20180829131700j:image

 

ハーフスペース。

5レーン。

ポジショナルプレー。

 

今や主流となった戦術ワード、未だに僕の住んでいる函館では自チーム以外では一度たりともこれらのワードは出てこないが。

 

要するにそのワードが無くてもサッカーは出来る。に尽きる。

 

こちらが、それ知らないとダメだよなんてことは言えない。

 

一種のカルチャーショックに近いが、サッカーは選手とボールがあれば成立するんだと、我に返って考えると、ずしっとくるものがある。

 

自分たちで、深い悩みに突っ込んでいくようなもので、指導していれば感じることだが、負担は倍々増する。

 

たまに自分のキャパを超えて訳が分からなくなる。

 

ちなみに現場では、未だポゼッションサッカーだ、カウンターサッカーだという言葉だけが宙ぶらりん状態で、2種としては中々厳しいレベルでのサッカーになっている。

 

こちらがいくら対策しようとも、しっかりとそれに対して意図的に対応、修正するチームというのはごく僅かである。

 

試合中にハーフスペースなんてワードを発した際には、「あいつ何か言ってるぞ」と若干冷ややかな目に晒される。

 

ただ、救いなのは唯一のリアルアウトプットの場の自チームの選手たちには、認知の助けになっていること。

 

サポートに入る位置、ゲームモデルを成熟させる為のツールとなるワード、スタッフや監督との新たなプラン、修正時により端的かつ分かりやすく生み出しやすい状況になった。

 

ある種、監督がマニアに近い方なので、教員である立場ながら凄まじいスピードで勉強でインプットをしている。

ただ、互いにすごく気を付けているのは語源の宙ぶらりんになること。

 

しっかりとチームのゲームモデルがあって、選手たちの頭にインプットされ、ある程度の技術力があった上でそれに相応しい戦術ワードを用いる。

ただワードを使ったどころで、やってますよ感しか生まれないので、確実に使う必要が本当にあるか無いかを判断してから使わないと選手は消化不良に陥る。

 

ただ戦術を使いたいからではなく、試合に勝つ為にこの戦術が必要だになるように心がける。

 

恐らく初めたての指導者で頭が切れるタイプは前者が理由になりがちかなと思う。

 

僕は最初の頃、2.3年前に戦術にのめり込んだ時はその順番から入ってしまい、中々結果に繋がらない時や、他のスタッフとの会話の際に消化不良をかなり起こしてしまっていた。

 

後々になって気付いたが戦術で勝てたらどこも全国に行くチームになっている。

サッカーなんてジャイアントキリングならぬものが起こるわけで絶対はない。

 

だから、最新の戦術ワードを知ったからと言って、お調子者にならないことが大事で。

あくまで頭の引き出しが増えただけ。

 

最新のものを知らないからと否定は出来ない。

それでも負ける時がある。

 

あくまでもサッカーは試合終了時に、1点でも多く入れれば勝つスポーツ。

 

だからこそ、先日のプレミアリーグ、ニューカッスルユナイテッドvsチェルシーはニューカッスルに夢を見させてもらった。

 

あれがあってこそまたサッカーだなと気付かされる。

 

日々精進。

どうしていこうか。

久しぶりの投稿。

 

今日はあまり体調が良くなく、静かにしていました。

 

この文章を打っている画面上部には、参加しているオンラインサロン、フットボリスタ・ラボ内のチャットメッセージが次々と流れてきます。

f:id:narita_kyojun:20180822172658j:image

予想を上回るハイクオリティな話題が飛んでくるので、次から次へと頭が目紛しく回転させられます。

休んでいても学べる環境下にいられるのは本当に有難いです。

 

最近はすごくハイテンポに時間が過ぎていき、それぞれの采配した試合や練習のフィードバックが追いつかなくなりそうな勢い。

社会人カテゴリーの方は特に週に1度、75分程のTRでリーグ戦に挑まないといけない為、中々悩ましい時間があったり。

 

それでも、そんなに身体のコンディションが良くない僕に、人が足りないのもあるが、采配やTRコーチを任せてもらえて本当に有難いです。

 

しかし、何だろう。

置いてけぼりというか、喪失感、焦燥感を毎日ほぼ四六時中感じてしまっています。

病気の影響が大きいのはあるのだろうけれども、すごく空の中にいるみたいな感覚になってしまう。

 

何か一つこう、しっくりくることが無い為、常に消化不良のような感じで。

 

自分は本当にこの役割でいいのだろうか、自問自答を繰り返してはフットボリスタ・ラボなどで探りながら、紹介のあった論文など読み漁って満たそうと試みてます。

 

嫌いだった勉強だが、何かを達成する為の訓練作業と捉え方を変えてからは全く苦にならなくなったので、毎日勉強は続けています。

そう言った中でこんなタイムリーな話題に上がったり、たまに右往左往しながら過ごしています。

 

さて、この空の感じをどう補えば良いか。

取り敢えずはもっと指導チームのTR構築をもっと体系立てていけたらなと思う。

監督が教員というのもあり、中々時間が取れない為タイミングを計っていますが。

 

あとは言葉で上がるアイデアや案件を具体的に行動に移せるかどうか。

 

もっと動ける人になれたらなと思う今日この頃です。

 

貫く難しさ。

f:id:narita_kyojun:20180810223042j:image

人は物事を覚えていけばいくほどあれもこれもとアイデアが生まれます。

 

初めは何も分からないとアイデアも生まれないので手狭です。

 

アイデアが豊富に生まれてくることは成長してきたということなので、ポジティブに捉えられます。

ただ、生まれてくるからと次から次へと手を出していくことは若干違ってくるところです。

あくまで、実際に自分に出来ることを理解して、まずは出来ることを確実にやることが目指すべきポイントだと思います。

 

急がば回れと似ていますが、芯をブレずに貫くことがすごく大変だなと感じます。

 

恐らく言ってることとやっていることが違うと感じてしまう時もあります。

その人にはその人にしか見えない見え方もあるので、そう言ったことが生まれるのは何ら不思議ではありません。

 

しかし、そんな時こそ、根底にあるものを再度確認して現状と目標とを比較し照らし合わせる。

そこからプランニングを修正する。

 

ちなみに僕は何でも一人でこなしたがる性格なので、一人歩きが多くなりがちです。

リアルタイムでアイデアが生まれるスピードと数は増えました。

しかし、処理し難くなっているのも事実。

 

まして、病気の影響で考えることが時折大変困難になる時があるので尚更です。

周りへの相談ということが甘えと捉えるようになってしまった為、そこが短所でもあります。

 

貫こう貫こうと思えば思うほどどんどん深みにハマってしまいます。

当の本人は考えることが快楽に感じるので気付きません。

後になって気付きます。

 

アイデアがあればあるほど、色々な組み合わせが出来るので、気付けば理想と現実の境目がわからなくなるので、そこは本当に難しいところだなと感じます。

 

今は非常に葛藤する時期ですが、しっかりと見つめ合いながら、やっていくこと。

 

バランス、大事ですね。

 

 

枠の中での自由。

f:id:narita_kyojun:20180810135331j:image

このサッカーというスポーツは枠で区切られています。

 

どこまでも行きたいところまで行けない。

 

大の大人があの長方形のゴールにボールを入れ合うことに何十億、何百億もお金をかけたりする。

普段僕らが街でみる枠の広さと同じなのに、こんなにも違ったりする。

 

よくよく考えると放映権、DAZNなど2000億近い契約だが、世で比べるとかなり狭い枠の中で、たった22人の選手たちにそれだけお金をかけられるのも面白いもんだなと思う。

 

ましてや、プロレスのリングなどとは違い、ルールだって沢山ある。

しかも扱う部位が足という、最も頭とリンクするのが難しい場所。

 

人間を過大評価しているかのような日々の取り組みを、ふと我に返るとすごく不思議だなと思う。

 

あんなにやんちゃしていたと言われるスーパースター選手も約束事だらけの中でしっかりとプレーする。

一人当たりのボールに触れる総時間が2.3分からすると、えらい自由がないスポーツだなとも捉えられる。

それを一人の監督という人間で大枠を作り舞台をつくる。

たった一つのボールに何万人のお客、視聴者がいる。

 

たまにプロの選手の近くにいることもあるが、特別あまり身体の違いは無いのがほとんど。

でも隣にいる人が何億、何十億の値がつくとなるとよく分からなくなってしまう。

 

簡単にプロとは言うものの、本当繊細でシビアな世界なんだと思う。

ロボットでは無いから先のことを予測していくのもかなり難しい。

 

その中でAI技術などの進化から分析の分野まで大発展を遂げようとしている。

 

たった一つのボール。

でもその一つのボールには、選手の人生はもちろん、国民をも動かす力があると思うと、本当に面白いスポーツだなと感じる。

ワールドサッカーダイジェスト 2018年 8/16 号 [雑誌]

意識していること。

f:id:narita_kyojun:20180809211319j:image

今日も一日が終わりました。

 

指導あり、勉強あり。

 

最近すごく意識していること。

 

観る力。

 

シンクロコーチングの語彙のメモリーを増やすこと。

増やすには観る力を上げて、かなり未来を予測して観れるように。

そして同時に情報を練習中により多くの選手に、端的に伝えられること。

 

練習時間を90分として、常に動きながら、試合に近いトレーニングを行う中、常にフレキシブルにプレーしてもらう為に。

 

分析はもちろんだが、未来を見抜く力がより必要。

アフターでも十分だが、タイムリーの方がより鍛えられる。

 

観れるには、色々と自分の基準を持ち次を予測した上のコーチングを繰り返して鍛える。

 

あと、特に集中して観るのは選手の表情。

オンでもオフでもトライしているかしていないか。

観ているかどうかなど。

 

あと俯瞰して観ること。

バードアイに近い視点でみる。

 

すごく時間はかかるが、観れるようになると楽です。

 

常にインプット、アウトプットの繰り返し。

自分自身も非常にフレキシブルになります。

 

まだまだ勉強。

怒鳴るだけのざんねんコーチにならないためのオランダ式サッカー分析

↓こちらは指導者始めたての頃非常に重宝しました。

少年サッカーから使える超・ゲーム分析―正しいゲーム分析が育成年代の成長を促す! (B・B MOOK 1112 Soccer clinic+α)

 

うつとサッカーの日常。

f:id:narita_kyojun:20180808213836j:image

指導者として、高校生と大人のチームで監督をしながら日々を過ごしています。

 

サッカーと共に生活の日々。

ただ今回、もう一つ共に生活しているものがありまして。

 

僕は今精神疾患である。

"双極性障害"

"PTSD(心的外傷後ストレス障害)"

という2つの病気と共に今を生きています。

 

日本はかなり精神疾患に関してはタブーな世の中ですし、僕が打ち明かすことに懐疑的な方もかなりいます。

 

書く必要がないという意見もあると思いますが、伝えたいことがあって、

"病気でもやれることがある"ということです。

恐らくこの事を打ち明かすことで今後のキャリアへの影響も少なからず大きいと思います。

だって、精神疾患の人に仕事を頼み難い世ですからね。

 

でも、僕は今指導者をやっていますが、互いのチームに本当に有難い事に理解をして頂き仕事をやらさせて頂いています。

 

以前札幌に住んでいた際、仕事でのサイクルや環境に慣れず、病気を引き起こしてしまいました。

本当にその際は沢山の指導関係者や家族、医師、父に多大な迷惑んおかけして、死の淵までいった僕を救って頂きました。

 

当時は"うつ病"の診断でしたが、函館に昨年戻り病名が変わりました。

 

今も薬は服用しています。

睡眠薬が無ければ一睡も出来ません。

毎日寝る前はいつも朝が来るのが怖いというトラウマが起きます。

一日中身体が喪失感、焦燥感、劣等感に苛まされています。

誰もいない暗闇の中、一人でいると、どうしようもなくすべてを終わらせたい衝動にかられました。でも、死ぬのも怖い。この葛藤と何度も闘っている間に、朝が来る。心がヘトヘトになる。そんな毎日の繰り返し。

とあるWEBの文章ですがまさにこんな感じです。

 

本当に言葉では全く健常者には理解し難い事だらけです。

なりたくてなった訳ではないですし、今もなってしまった自分を受け入れるにはまだまだ時間が必要です。

 

正直葛藤の日々ですが、何とかやれています。

少なくともまだフットボールへの情熱は消えていないんだと思います。

 

これだけ話してしまったら色んな意見が沢山出そうですが、今はすごいチームで指導したいとか、名誉などの事は頭に全く無いので、自然の流れに身を任せています。

 

ただ、一つ意識しているのは、なるべく自然帯でいること。

今が多分自然な姿だと思います。

 

毎日光と陰との隣り合わせですが、それでも笑顔も大きな声も出せるし、50人の部員の前にも立てるし、公式戦のピッチサイドにも立てます。

 

だから、精神疾患に関してのことがタブーになることは無くなってくれるまでいかなくとも、共存も可能で活動も出来るんだと知ってもらえたら有難いなと思います。

 

僕がお世話になった担当医師の井上さんはソーシャルフットボールという精神障害者のフットサルの普及もしてくれていたり、実際にW杯の国際大会も開催されるくらい世界でも認知が広まっているようです。

精神障がい関係なく人々が共生できる社会へ 〜ソーシャルフットボールが変えていく未来〜|精神科医 井上 誠士郎 - cotree(コトリー)

 

スポーツのプロ選手でも賛否両論はかなりありますが、打ち明かす難しさもあります。

しかし、世界では精神疾患を公に明かしながらも、自分を生きている方が多くいるので、患う僕もすごく励みになります。

ダニー・ローズ、うつ病と明かす サッカーW杯イングランド代表 - BBCニュース

 

 

 

 

事あるごとにノート。

f:id:narita_kyojun:20180808164829j:image

最近はもっぱらiPhone1つでの生活のほとんどをこなすようになりました。

 

買い物、資料作成、ブログ、キンドル、映画。

 

めちゃくちゃ便利になりました。

 

しかし、未だに手書きのノートは手放しません。

練習メニューの考案、スカウティング、采配プランニング、物事の整理。

 

ほとんどこのRHODIAノートでやっています。

 

いつも持ち歩くセカンドバックの中にいつも潜めていて、ふらっと試合を視察しに行った際なんかも自然と書き込んでいます。

 

iPhoneでもやれない事はないです。

何故ノートかというのは、純粋に感覚です。

 

恐らくiPhoneで慣れてしまえばそっちになるでしょう。

 

ただ、何となくこちらの方が思ったことをそのまま記入が出来る感じがします。

 

本日は近くにある大型書店に来て勉強をしていますが、そばにあればTo Doリスト書いたり、アイデア書いたり。

 

そばにノートがあるのもおすすめです。

信念で心が閉じるより、好奇心で心が開くことを望む。

f:id:narita_kyojun:20180807170056j:image

グアルディオラ総論に書かれている一文。

ゲーリー・スペンスという弁護士の言葉。

 

世の中でなりたいものになるのを叶えるには運とタイミングがものすごく関連していると思います。

 

ほとんどタイミング。

 

今J1のチームで出番を得ている若手DFはタイミングが違えばJ3やJFLへのレンタル生活を余儀なくされ、3年目が終わる時には戦力外通告を受けるかもしれません。

 

本当に光と陰はほんのわずかなところで分かれるんだなと実際に肌で感じます。

 

今僕が指導するチームもタイミング。

僕なんかは、そのタイミングに振り回される時がほとんどだと思います。

ほとんどの場合、指導のオファーがない限り動けません。

無ければそれまで、恐らく求人に出ているサッカースクールのコーチへ応募するでしょう。

 

貰える報酬も仕事量が一緒でも雲泥の差があることが多いです。

 

時には心が閉まってしまいます。

自信も無くしますし、モチベーションの維持も中々大変です。普通の仕事よりも批判される範囲だって、全く知らない人にまで声を上げられる為、根気が必要な仕事です。

 

僕の中では向上心や好奇心がなければ止まってしまうと思っています。

 

しかし、その志を維持していてもタイミングさえ違えば一向に開いてくれない。

それでも志を持ち続ける必要がある。

 

なりたいものになる。

みんな凄いねなど、あたかもその人だけしかなれないみたいな捉え方をする時もありますが、表面だけ良くしていればなれることだってあります。

 

本当に内心で信念があってもなれない時はなれないです。

 

でも、なりたいものになるためにはひたすら我慢してタイミングを待ち、その時までにひたすら勉強や準備をすることが大事です。

その事実をしっかりと受け入れて、信じてやるしかないです。

 

僕はまだこれがなりたいものの本当なのかを受け入れきれていないので、そのきっかけが来るまで勉強して、目の前の仕事をこなします。

それでも来なければそれまで。

裸のJリーガー

何かをやるのに遅いということは決してない。 自分を進化させる53の方法

 

プロを目指すまで。

f:id:narita_kyojun:20180806134957j:image

写真はFリーグチームのサテライトに所属していた時の写真です。

5年程前、短大卒業後に向けて恐らく幼稚園の教育実習をしていた頃。

 

Fリーグを知りたての頃でした。

フットサルにのめり込んだ始まりでした。

 

小さい頃から超が何個もつく程ど下手くそな選手でした。

小、中では公式戦出場10試合くらい。

高校は常に部員が11人に満たないような部活。

それまでプロを目指そうとは思うことは、微塵もありませんでした。

 

保育士を目指し、短大へ進学。

その頃、社会人サッカーの市リーグ4部あたりでプレーしていました。

 

何となくな人生を歩むんだろうなとずっと思っていました。

お金持ちになりたいとか、何かしたいとか何にも考えず、ただ、子どもに携われたらなと。

 

でもある時、父に誘われ初めて札幌で観たFリーグ。

強烈でした。

この時誘ってきっかけを与えてくれた父には非常に感謝しています。

そして、そこにいたゴレイロ 関口優志選手に一気に見惚れてました。

 

帰ってきた翌日から、全てはフットサルのプロになるために、でした。

 

19歳の夏。

あの日からの半年間、それまでの人生で一番、やれるだけの努力をしていました。

社会人チームに当時いたので、練習が毎日無いので、お願いして他のチームにお願いして参加したり、札幌まで6時間かけ夜行バスで行っていってレベルの高いチームに参加や、週末Fリーグ観てまた夜行バスで6時間かけ帰ってそのまま短大に通ったり。

とにかくやれるだけやってました。

 

今思い返して、あの時期のチャレンジすること。

やっておいて本当に良かったと思います。

 

そこから、Fリーグチームのセレクションを受けてサテライトに合格しました。

しかし、Fリーグに出ることは叶いませんでした。

あの時憧れたFリーガーとの練習で止まりました。

自分の技術的にも精神的にも実力はあそこまでだったんだなと。

痛感を沢山しました。

 

ただ、好きな事で上を目指すことの楽しさは存分にありました。

 

無理難題でもやってみる。

やってみるということがどれだけ大切なことか。

ごっこ遊びに過ぎないかもしれませんが、極めることをもう一度やるチャンスがあればやると思います。

 

それくらい楽しかったです。

だから、出来るだけ関わる選手にはちょっとでも足掻いてみてもらいたいです。

森岡薫自伝 生まれ変わる力 (FUTSAL NAVI SERIES 21)

 

sfida(スフィーダ) フットサル ボール JFA 検定球 Fリーグ 公式 試合球 シームレス 製法 グリップ インフィニート 2 プロ ドット 水玉 INFINITO II PRO BSF-IN11 WHITE 4号

 

3の男。

f:id:narita_kyojun:20180804172104j:image

今日はこの選手の命日ですね。

 

フラット3の時に初めて知った選手。

 

当時まだ小学2年生頃の為、戦術やポジションなんか知る由か、サッカー自体始めてない頃。

 

オリバーカーン、松田直樹の2人があまりにも衝撃的だった。

 

オリバーカーンはのちにGKを始めるきっかけになった選手。

松田選手は、サッカーを始めるきっかけには実はなっていなくて、ただその時は"めちゃくちゃかっこいい"と"サッカー楽しそうにやっているな"と感じていた。

 

CBなんて言葉も知らない、というか松田選手は試合中結構色んなところに行くし、。

 

でも、とにかくめちゃくちゃかっこ良かった。

ヘアバンドにハマっていた時代があるが、完全に松田選手の影響。

当時あのぶっとくて3が入ったヘアバンドが手に入らず、自作していた。

しかもGKなのに着けていた。

 

心なしか着けている時は何故か松田選手になりきっていた。

松本山雅FCに入って髪を短くした時、真似して切った。またなりきっていた。

でも、その時は本当にサッカーが楽しくプレー出来た。

 

初めてお金が理由じゃない移籍を知ったきっかけの選手だった。

あの一報が入った期間、涙は出なかったけれども、もう他のことが手につかなかった。

初めてAEDの必要性を感じた。

 

自然と松本山雅FCを応援していた。

J2昇格、J1昇格が本当に嬉しかった。

 

こんなにサッカーを心から子どものように楽しむ選手はこれから現れるのだろうか。

 

本当に偉大な選手でした。

松田直樹を忘れない。

 

闘争人―松田直樹物語 (SAN-EI MOOK)

松田直樹を忘れない。~闘争人II 永遠の章~ (SAN-EI MOOK)

 

本の力。

f:id:narita_kyojun:20180803163056j:image

写真は4月から読んでいる本たち。

 

種類は色々。

去年札幌にいた頃はサッカーに関する書籍しか買わず、2年間で138冊が手元にあった。

今はこだわりがなくなったのか、他分野にも手を伸ばしている。

 

趣味で本を読むというパターンがよくあるが、僕の中では趣味ではなく、ストレスの解消法の一つになっている。

 

札幌にいた時はよく仕事でストレスがあった時は、空き時間にほぼ大型書店に行き、サッカーに関する本を買っていた。

 

当時は指導者になりたてというのもあり、練習メニューに関する本などを集めていたが、次第に"人"に関する本を買うことが多くなっていた。

 

本はほとんどの場合、物事が整理された状態で書かれているので、頭がぐちゃぐちゃに散らかっている時に読むと、すごくスッキリしていた。

 

本で指導者として成長するのは中々困難ではあるけれども、"言葉"を拾う、好きな時にいつでも拾えるのがこれまたすごく心が安心していた。

 

特に自叙伝やエッセイは書いた本人が本人と向き合い、本人の言葉で書くので、その人と対話しているような、考え方や捉え方、見方など様々なことが自然と勉強出来ていた。

 

最近また本を買いだしているということは、どこかにモヤモヤがあるのかなと。

たまに本に気付かされてます。

 

ちなみにおすすめは「ラリルレ論」

RADWIMPSのボーカル、野田洋次郎著

高校サッカーでの葛藤。

f:id:narita_kyojun:20180801162829j:image

今年に入りずっと考え続けていることがあります。

 

昨年から高校のサッカー部で指導をしているのですが、チームにはプロ選手志望は一人もいません。

一見、そこにはそこまで問題もありません。

 

心の中ではそこにずっと葛藤していました。

 

"何故、プロを目指している訳ではない選手たちに、ハードワークをさせて、時には戦術を覚えるのか"

 

そもそも大会を優勝するのに残るのは、思い出と指導者の名声や名誉なんだろうなと、長く感じていました。

 

怒られるかもしれませんが、高校のほとんどの指導者は勝ち、タイトルを選手を使って自分の実績にあてたいだけなんだろうなとも感じていた時期もありました。

 

もちろん、高校によって差はありますが。

 

幼児から大人まで指導を担当してきた中で、中学生まではまだサッカーを仕事にしていくの夢があって、その上でなれなくても一人の人として立派になってくれれば良い。

と思い関わってきました。

 

ちなみに青春。という言葉に微塵も反応がしません。

 

ある程度は青春な時期を過ごしたはずなのですが。

 

まだ頭の中では、卒業したら滅多に使わない戦術などを何故ゲームモデルまで構築して、練習するのか。

特にプロや大学サッカーを目指さない選手たちへ指導するのがものすごく葛藤しているところです。

答えは大体は分かります。

ただ、どうしても腑に落ちてきません。

 

一指導者として、自分のキャリアを上げるならとは思いますが、その為に選手を使うようなニュアンスになるのが歯痒いところです。

 

こうなると指導者としての価値観がぶっ壊れているのかなと思いますが、その部分と自分との向き合いが今必要だなと感じます。

 

人として育つというならば良いです。

ただ、僕としてはサッカーが本当に少しでも上手くなってほしいとずっとずっと頭にあって日々関わっています。

 

名誉も名声も欲はありません。

上手くなってほしいと思う感情の中に葛藤が入り混じっています。

 

まだまだ分からない事だらけです。

またこれから探します。

 

サッカーはサッカーをすることで上手くなる。

f:id:narita_kyojun:20180731181130j:image

日々色々なチームをこっそりと見ていると、サッカーチームなのにサッカーの練習をしていないなぁと思う時があります。

 

コーンを避ける為の練習、マーカーの間を通す為の練習、かけっこで一番になる為の練習、個人競技の練習等。

 

サッカー、フットサルは団体スポーツです。

 

試合にはコーンもマーカーも配置されていません。

 

走るスピードが一番早ければ試合に勝つわけでもありません。

 

相手がいて、味方がいて、目指すゴールがあり、守るゴールがあり、ルールがあります。

その中で味方と上手く連携して11人の相手からゴールを奪う競技です。

 

もちろん、ゲームモデルに沿ってその導入にコーンドリブルをタッチのフィーリングの為に入れることはいい事だと思います。

 

しかし、実際は1人ではサッカーはしません。

 

必ず味方と相手がいます。

 

ということは、サッカーの練習の中で毎回それを踏まえて練習が必要となります。

パス、ドリブル(レガテ、コンドゥクシオン)、シュート。

認知、判断、決断、実行。

攻撃、攻撃→守備、守備、守備→攻撃。

 

サッカー、フットサルには色々な要素がありますね。

毎回練習を考えるのは大変だと思いますが、しっかりとこれらを踏まえて構築出来ればだらだらと長い練習時間も要らなくなります。

 

この記事ではその意味が分かりやすい内容かなと思います。

 

「ナーゲルスマンは僕が見たセッションでは、敵を置かない練習はウォーミングアップ以外まったくやらなかったです」

「ルールを設定した中で状況解決する能力を高める手法」

 

もう少し濃いめにサッカーを知っていたいのでしたら、以下の2冊がおすすめです。

 

footbollistaというサッカー雑誌になります。

最近はかなり濃すぎて中身の柔らか化を囁かれていますが、他の雑誌には中々出来ない内容なので、このまま継続してくれたらなと思います。

以下はバックナンバーとなりますが、名盤だと個人的に捉えています。

(ちなみに画像クリックでAmazonから購入が可能です。)

 

月刊footballista (フットボリスタ) 2016年 04月号 [雑誌]

 

月刊footballista (フットボリスタ) 2017年 06月号 [雑誌]

 

こちらには戦術の変貌を紐解いてくれています。

中々初めは難しい内容ですが、サッカーはサッカーで上手くなるの意味が分かりやすく書かれています。

 

 

大人になってからの練習。

f:id:narita_kyojun:20180730131945j:image

社会人チームに所属する選手の皆さんは日頃リーグなどがある場合、平日練習日となっている日にはどうやっていますか?

 

外でも中でも時間は大体2時間くらいかなと思います。

その中で"練習"ともなるとこうなると思います。

  • 人数が少ない
  • 集まっても試合のみ
  • 練習メニューがマンネリ
  • そもそも教えれる人がいない など

 

よくあるのは人数が少なく、助っ人を呼ぶ為、本格的に練習がやり難い。

その為、一応人数が揃っても試合のみとなってしまうことが多いのかなと思います。

 

そして極め付けで終わった後、上手い選手からのここはこうだ、だからだめなんだ。

と、厳しいお声が聞こえて来る事もしばしばあるかと思います。

 

僕自身、社会人で練習するという概念がない時から〜毎回テーマとプランニングを構築して練習するまでを経て来ました。

 

その中ですごく感じたことは、大人になってから上手くなるのは本当に難しい

特に函館で社会人カテゴリーにいる選手で学生時代は名前が知られていた選手が多いです。

その選手たちはやはりプレー自体は上手いのですが、そこから更にとなると、停滞してしまう印象があります。

 

僕が監督を務めているチームでも、始めたばかりの選手が多いのもありますが、パス一本にかなり手こずります。

f:id:narita_kyojun:20180730143922j:image

 

ちなみに大人でやったテーマを育成年代の選手たちにやってみるとぐんぐんと一回で成長は見られます。

 

話に戻ると、大人になってからの練習、ある程度やるからには勝ちたいという方たちが多いのならば、やはりその日の2時間を少しでも練習構築をしてみたら変わってくると思います。

 

フットサルに限ってしまいますが、おすすめの本はあります。

 

元フットサル日本代表で、現在フットサル女子日本代表代表監督の木暮賢一郎氏によるフットサル戦術 トレーニングデザインという本です。

フットサル戦術 トレーニングデザイン 〜Fリーグ優勝チームが実践する勝利のメソッド〜:限られた戦力・時間・場所で最大限のパフォーマンスを引き出す

 

指導者C級ライセンス講座で習う部分よりもややボリューミーに学べる内容になっていて、フットサルのイロハ、練習構築の仕方、様々な状況でのやや少なめですが練習メニューが載っています。

チームをまとめる方や、練習を考える選手、C級を取得しにいく余裕が無い方などにおすすめの本になります。

 

お次は選手向けの本。

元フットサル日本代表であり、現在Fリーグ解説者の北原亘氏によるフットサル最新プレー&戦術という本です。

DVDでマスター! 保存版 フットサル最新プレー&戦術 (学研スポーツブックス)

 

こちらは、戦術は戦術でも、個人戦術がメインになります。

普段の練習の中で気付けない部分を予習、復習的に活用できる内容になっています。

練習メニューなどはあまりありません、がDVDも付いていて、個人でプレーを学ぶには非常におすすめです。

 

ちなみに、この2冊を組み合わせて練習を構築出来れば、それぞれのメニューの中にこのプレーを組み入れたいなど、オリジナルメニューも少しずつ組みたてやすくなると思います。

 

ちょっとチームに余裕が無いなど、チーム事情がある方など、普段の雰囲気を少し変えるだけで、また違った選手のいいプレーなどが出て、楽しみが一つでも増えるといいのかと思います。

 

こちらは道具のおすすめセット。

ラダー、ハードル、マーカーが付いてお得でした。

ABINECS トレーニンググッズ ミニハードル ラダー マーカーコーン セット 折りたたみ式 テニス サッカー練習用具 トレーニング 37点セット

本格派には水を錘にしたポールも。

GK の練習でも活躍してくれています。

iimono117 サッカー フットサル 練習 道具 (ポール 縦)

 

ちなみに、元GKの僕自身も足元の技術は追いつくのは中々難しいですが、頭に個人、団体戦術のしくみが入っていると、FPで試合をやってみても、次はここ、ここに来るから次はこう。などと次から次へと"試合が見えてきた"体験が出来たので、やはり、ちょっとでも勉強すると変わるのかなと思います。