夏の終わりは80分で告げた。

普通に暮らしている人からすればなんて事のない週末。 最近寒さもあった中で久々に暖かさがあった。 ふと試合前、あぁ、来週からまた皆んなをどうトレーニングしようかなと考えていた。 80分後、その考えは白紙になった。 監督と選手、そして僕らコーチ陣や…

言語化の宙ぶらりん。

【NEW】5レーン理論?ハーフスペース?なぜ、サッカーの言語化が必要か(文/西部謙司 @kenji_nishibe)https://t.co/l3qUN4Y4iz『戦術リストランテV サッカーの解釈を変える最先端の戦術用語』の重版が決定。その御礼企画として、「サッカーの言語化」をテ…

どうしていこうか。

久しぶりの投稿。 今日はあまり体調が良くなく、静かにしていました。 この文章を打っている画面上部には、参加しているオンラインサロン、フットボリスタ・ラボ内のチャットメッセージが次々と流れてきます。 予想を上回るハイクオリティな話題が飛んでくる…

貫く難しさ。

人は物事を覚えていけばいくほどあれもこれもとアイデアが生まれます。 初めは何も分からないとアイデアも生まれないので手狭です。 アイデアが豊富に生まれてくることは成長してきたということなので、ポジティブに捉えられます。 ただ、生まれてくるからと…

枠の中での自由。

このサッカーというスポーツは枠で区切られています。 どこまでも行きたいところまで行けない。 大の大人があの長方形のゴールにボールを入れ合うことに何十億、何百億もお金をかけたりする。 普段僕らが街でみる枠の広さと同じなのに、こんなにも違ったりす…

意識していること。

今日も一日が終わりました。 指導あり、勉強あり。 最近すごく意識していること。 観る力。 シンクロコーチングの語彙のメモリーを増やすこと。 増やすには観る力を上げて、かなり未来を予測して観れるように。 そして同時に情報を練習中により多くの選手に…

うつとサッカーの日常。

指導者として、高校生と大人のチームで監督をしながら日々を過ごしています。 サッカーと共に生活の日々。 ただ今回、もう一つ共に生活しているものがありまして。 僕は今精神疾患である。 "双極性障害" "PTSD(心的外傷後ストレス障害)" という2つの病気と共…

事あるごとにノート。

最近はもっぱらiPhone1つでの生活のほとんどをこなすようになりました。 買い物、資料作成、ブログ、キンドル、映画。 めちゃくちゃ便利になりました。 しかし、未だに手書きのノートは手放しません。 練習メニューの考案、スカウティング、采配プランニング…

信念で心が閉じるより、好奇心で心が開くことを望む。

グアルディオラ総論に書かれている一文。 ゲーリー・スペンスという弁護士の言葉。 世の中でなりたいものになるのを叶えるには運とタイミングがものすごく関連していると思います。 ほとんどタイミング。 今J1のチームで出番を得ている若手DFはタイミングが…

プロを目指すまで。

写真はFリーグチームのサテライトに所属していた時の写真です。 5年程前、短大卒業後に向けて恐らく幼稚園の教育実習をしていた頃。 Fリーグを知りたての頃でした。 フットサルにのめり込んだ始まりでした。 小さい頃から超が何個もつく程ど下手くそな選手で…

3の男。

今日はこの選手の命日ですね。 フラット3の時に初めて知った選手。 当時まだ小学2年生頃の為、戦術やポジションなんか知る由か、サッカー自体始めてない頃。 オリバーカーン、松田直樹の2人があまりにも衝撃的だった。 オリバーカーンはのちにGKを始めるきっ…

本の力。

写真は4月から読んでいる本たち。 種類は色々。 去年札幌にいた頃はサッカーに関する書籍しか買わず、2年間で138冊が手元にあった。 今はこだわりがなくなったのか、他分野にも手を伸ばしている。 趣味で本を読むというパターンがよくあるが、僕の中では趣味…

高校サッカーでの葛藤。

今年に入りずっと考え続けていることがあります。 昨年から高校のサッカー部で指導をしているのですが、チームにはプロ選手志望は一人もいません。 一見、そこにはそこまで問題もありません。 心の中ではそこにずっと葛藤していました。 "何故、プロを目指し…

サッカーはサッカーをすることで上手くなる。

日々色々なチームをこっそりと見ていると、サッカーチームなのにサッカーの練習をしていないなぁと思う時があります。 コーンを避ける為の練習、マーカーの間を通す為の練習、かけっこで一番になる為の練習、個人競技の練習等。 サッカー、フットサルは団体…

大人になってからの練習。

社会人チームに所属する選手の皆さんは日頃リーグなどがある場合、平日練習日となっている日にはどうやっていますか? 外でも中でも時間は大体2時間くらいかなと思います。 その中で"練習"ともなるとこうなると思います。 人数が少ない 集まっても試合のみ …

フットサルリーグ開幕。

本日から北海道フットサルリーグ道南ブロックが開幕しました。 リーグの位置的には本州でいう、関東圏や関西圏と似た括りになり、その2部相当にあたります。 道南地区は6チームで構成され、降格は無し。 優勝チームは1部にあたる北海道フットサルリーグへの…

指導者の市場価値。

フットボールの指導者は市場価値いくらでしょう。 ちょっと気晴らしにから超情熱家までが混在する中、一応指導者としてお金を頂く立場ではあります。 しかしながら、世間では指導者では食っていけないとの声。 そう言われることに否定は残念ながら出来ないで…

気付き。

相手がこちら(僕)が思っているほどゲームモデル、戦術を用いていない、いわばカオスな時がサッカーでもフットサルでもある。 そんな時にいくら当てはめようとも、相手に再現性がない限り、はまらない。 それにいち早く気づかなければいけない。 そこでこちら…

監督。

いつでも情熱を持つ 向上心を持ち続ける 時には自らを犠牲に チームの盾になる 凛とした表情を保つ 選手に不安を覗かせない 練習では常に情熱を注ぐ いくつかのパターンを頭に入れておく 常に何手先を見据えておく はめるより適応させる 主体的な思考を持た…

例えば。

クワトロをやろう。ピヴォ当てをやろう。 ただ形だけの時期があった。 何にも原理原則を理解しないままで突っ走ってた。 今社会人のカテゴリーに身を置いて、過去を振り返るとあぁ、そんな時あったんだな。と 今でもまだまだ分からない。というかまだ気が付…

眠りにつく前に。

この時間、毎日眠りにつくことに頑張る時間帯。 睡眠障害があるから、薬の力を借りている。 ここ最近は明日が来る事に対して嬉しさも楽しみもない。 理由は分からない。病気のせいにもしたくない。 そんなことを答えも見つからず考えている。 今この人生を生…

社会人チームの難題。

社会人カテゴリーでのサッカーやフットサルに所属し、選手やスタッフとして活動している方は多いと思います。 日中、黙々とデスクへ向かい、猛暑の中スーツを着て営業へ行き、時には重い荷物などを運び、お客様へ笑顔を与える。 そして家に帰ると奥さんや子…

コーヒー屋で思うサッカーとフットサルのこと。

この文章は指導しているチームの練習終了後に訪れたコーヒー屋さんの席で書き出しました。 取り分け理由は無くて、ただ、毎日毎日ちょっとでも時間が空けばひたすら頭の中でサッカーとフットサルの事ばかり考えているのをただ文にしてみよう、そんな感じです…