気付き。

相手がこちら(僕)が思っているほどゲームモデル、戦術を用いていない、いわばカオスな時がサッカーでもフットサルでもある。

 

そんな時にいくら当てはめようとも、相手に再現性がない限り、はまらない。

 

それにいち早く気づかなければいけない。

 

そこでこちらが別なアクションをする事で新たなフラクタルが見つかる時もある。

思いのほかすごくシンプルな。

 

試合が終わってから映像で振り返ると気付く事がよくある。

 

なので、プロカテゴリーや、対戦相手の定期的なスカウティングが難しい場合、試合中でのリアルタイム分析がモノを言う時が多い。

 

ただ、それに伴い、チームの戦うプランが変わる事もある為、普段の練習からゲームモデル始め、様々な想定と準備が必要である。

 

選手の頭のに、戦術やゲームモデルのワードを日本語に訳した事細かい言葉は無くとも、パッと頭でイメージ出来るまではしておかないといけない。

 

選手との協力が必要だと日々感じる。